2009年度 臨床法学教育学会 第2回年次大会

社会の中の法科大学院
―臨床法学教育の貢献と協働―


年月日:2009年4月26日(日)

場所:早稲田大学早稲田キャンパス8号館

大会テーマ:「社会の中の法科大学院―臨床法学教育の貢献と協働―」

プログラム

9:30−11:30
 A.シミュレーション部会
  司会:亀井尚也(関西学院大学・弁護士)
  報告:(1)「ローヤリング授業におけるいくつかの工夫」
        佐藤裕一(東北大学)
      (2)「臨床実務教育の段階的教育方法について」
        松村和コ・榎本康浩(岡山大学)
 B.エクスターンシップ部会
  司会:山口卓男(筑波大学・弁護士)
  報告:(1)「小規模校におけるエクスターンシップの意義と展望」
        岡義博(香川大学・弁護士)および履修者
      (2)「都市型法科大学院におけるエクスターンシップの実情」
        飯塚勝(青山学院大学・弁護士)および履修者
      (3)「法科大学院の地域貢献とエクスターンシップの課題」
        野坂佳生(金沢大学・弁護士)および履修者
11:40−13:00 昼食・理事会
13:00−15:00
 C. クリニック部会
  司会:川嶋四郎(同志社大学)
  報告:(1)「離島等司法過疎地における法律相談実習の成果と展望」
        米田憲市(鹿児島大学)
      (2)「夜間・社会人学生を対象としたフレックスタイム制クリニック−4年間の実践を振り返って」
        山口卓男(筑波大学・弁護士)
      (3)「クリニック全国調査の報告」
        椛島裕之(弁護士)
15:00−15:10 休憩
15:10−15:40 会員総会
15:40−18:30 全体会「社会の中の法科大学院―臨床法学教育の貢献と協働―」
  司会:宮澤節生(青山学院大学)
  報告:(1)「弁護士過疎地のための活動−北海道大学とすずらん基金法律事務所−」
        田中宏(北海道大学・弁護士)
      (2)「生活困窮者のための活動−早稲田大学の民事クリニックによる生活保護申請支援」
        森川清(弁護士)
      (3)「会社,学生にとってチャレンジ&切磋琢磨の2週間」
        田中実(KDDI)
      (4)「地方自治体における法曹の役割−自治体エクスターンシップの開始に際して−」
        平林浩一(狛江市)
      (5)「霞ヶ関法科大学院インターンシップ」
        小山茂樹(人事院)
  コメント:信木美穂(ホームレス総合相談ネットワーク事務局)
       稲田仁士(三菱商事)
18:30−20:30 懇親会